就職面接で気をつけるポイント

就職面接で気をつけるポイント
就職面接で気をつけるポイント

面接で話に間をおくことのメリットとは

転職面接で、採用担当者に好意的な印象を持ってもらうための方法として、姿勢を正したり、抑揚をつけて話したり、相手と目線を合わせて話したりすることを実践している人は多いでしょうが、それに加えて間をおいた話し方をすればさらにこちらの話に対して注意深く聞いてもらえるようになるでしょう。話の中に間をおくことには次の3つのメリットがあります。1つ目が聞き手が話の内容を頭の中で整理する時間を持てることです。誰でも一気に話をされるとあまり内容が頭に残らないのが普通です。そのため話の節々に間を加えることで、相手が内容を咀嚼して聞くことができるため、落ち着いて理解をすることができるようになります。

。2つ目が話す側がリラックスして話しやすいという点です。一気に話をしようとすると伝えなければいけないという思いにとらわれすぎると内容がちぐはぐになったり、頭の中が真っ白になってしまうこともあります。そういったミスを犯さないためにも一呼吸おきながら話すことが大切です。3つ目が重要なポイントで間をおくことによって、相手の注意を惹きつけることができるという点です。声に抑揚をつけるように話の流れにもアクセントをつけることによって効果的に話の重要度をアピールすることができるからです。