就職面接で気をつけるポイント

就職面接で気をつけるポイント
就職面接で気をつけるポイント

転職面接でははきはきとした口調で目線を合わせることが大切

転職面接の場で、効果的に志望動機や自己アピールの内容を面接官に伝えるためには、次の2つのポイントを意識すると上手くいきやすいでしょう。まず1つ目がはきはきとした聞き取りやすい声で話すことです。これはたとえ話す内容に多少の矛盾点があったり、まとまりに欠けていたりする点があったとしても、相手には自信にあふれた内容のように錯覚を与えることができるため、納得してもらいやすいという効果があります。つまり、はきはきとしてた声で話すだけで、自己アピール力をアップさせることができるということです。はきはきした話し方ができるようになるためには、腹式呼吸を実践するのが一番です。これは特殊な技術ではないので練習することによって誰でも身につけることができます。

次に2つ目が、相手の目をしっかりと見て話すことです。これには2つの効果があります。まず自分自身に対しては、相手に伝えるということに意識が向くようになるため、自分の話し方に対する雑念が減り、伝えることだけに集中しやすくなります。そして、聞き手には、話し手に対して自分だけに意識を向けてくれているということを感じてもらえるので、自然と好意的になってくれるということです。ただ、ずっと目線を合わせ続けることは大変なので、話のポイントで目線を合わせるようにすると強弱がついて効果的でしょう。