就職面接で気をつけるポイント

就職面接で気をつけるポイント
就職面接で気をつけるポイント

面接でまず笑顔になることの利点とは

入学試験やアルバイト、就職、転職などの様々なシーンで受けることになる面接の場で、面接官に好印象を持ってもらうためには、笑顔で話すことを実践するのがおすすめです。これは当たり前と言われるようなことですが、緊張感が漂う面接の場では意外と実践できていないことです。笑顔で話をすることは間違いなく相手の好感を得ることができます。人は笑顔の表情を見ることによって脳内に神経伝達物質であるドーパミンが分泌されて、快感を得るようになっています。そのため笑顔の人に対して自然に好感を持ちやすくなる傾向があります。

また、笑顔で話すとすぐに緊張がほぐれます。人の心理状態は身体の状況によって左右されるため、たとえ作り笑いであっても心理状態としてはリラックスした状態になり、脳は今楽しい気分なのだと錯覚をして自然と身体の緊張もほぐれていきます。心身がリラックスできた状態を作り出すことができれば、話し方もスムーズになりますし、姿勢もよくなり声も出るようになります。具体的に笑顔で話すためのコツは、話すときに母音の「イ」をいつもよりも大げさに発音してみることです。イの発音は口角を上げなければうまくできないようになっているため、自然と頬が緩んで笑顔になることができるからです。