就職面接で気をつけるポイント

就職面接で気をつけるポイント
就職面接で気をつけるポイント

面接では正しい姿勢と抑揚のつけ方を意識しよう

転職の面接で採用担当者に良い印象を持ってもらうためには姿勢、抑揚の2つの点を意識した話し方をすることが大切です。1つ目の姿勢に関しては、しっかりと背筋を伸ばして話をすることで自分に自信をもって話をすることができるようになります。人の心理状態というものは、身体の状況に大きく影響を受けるようになっているため、姿勢を正すことで自信があるのだという錯覚をするとも言われています。逆に下を向いて猫背になって話すと、声がこもって小さくなってしまい、自信がなさそうな話し方になってしまいます。姿勢を正すためのコツとしては、頭のてっぺんに糸がついていてい、その糸で天井から引っ張られているイメージを持つことです。

そして2つ目の抑揚に関しては、自己PRなどで自分が最も相手に伝えたい部分に関しては、声を大きくしたり、身振り手振りによるボディランゲージを伴わせることです。慣れていないと最初は恥ずかしさがあるかもしれませんが、抑揚をつけずに棒読みで話してしまうと、どんなにまとまりのある内容であっても相手の注意を惹きつけることは難しいでしょう。あまりにもオーバーな抑揚のつけ方は控えた方がいいかもしれませんが、転職面接の場では、自分が舞台でスポットライトを浴びているような気持で話すイメージを持つことも大切です。

就職・転職・求人や求人についての話はネットならここで情報収集しましょう☆