就職面接で気をつけるポイント

就職面接で気をつけるポイント
就職面接で気をつけるポイント

就職面接のポイント3つ

就職あるいは転職の際に、ほとんどの企業では面接試験を求めています。しかし、面接では緊張や不慣れがあって、なかなか良い結果を出せないことも、一定あるといいます。そこで、今回は面接で力を発揮するためのポイントを、3つ挙げて考えていくことにします。まず1つ目は、外観を整えるということです。人の第一印象の大半は、外観によって決まると言っても過言ではありません。スーツの着こなし、靴の手入れ、など整容を整えることが、当たり前ですが大切なことになります。

2つ目は、学生ならこれまで学習してきたことを、社会人ならこれまでの業績を、いかにこれからの仕事に活かせるか、具体的に伝えることです。学生時代に力を入れたことは何か、前職での経験をどう活かすのか、といった問いに端的に回答できるのが望ましいでしょう。3つ目は、普段の力を発揮できるような、メンタルマネジメントです。面接に慣れることや、当日緊張しないで済むように、何かルーティンを決めるなど工夫が必要になります。以上3点について、気をつけるだけでも、面接がより良いものになる可能性が上がるでしょう。もちろん、このような工夫には、個人差が生じるため、各自に合った工夫を随時検討すると良いでしょう。